会社概要

ホーム > 会社概要

企業理念"品質に優れ、価格においても魅力的な鋼材を安定的に供給し、 同業他社に負けない会社作りに努め、常に会社の発展を続けていく事"

ご挨拶

本社工場

私達は、昭和62年4月、自動車部品、建設機械部品及びあらゆる産業機械部等の特殊鋼(構造用鋼・ステンレス鋼)、普通鋼の切断加工販売を目的に設立したしました。この間、品質の向上を目指し、お取引様のご要望に対し"誠意をもって応える"をモットーに高速帯鋸盤、超硬丸鋸盤、難切削用帯鋸盤など最新鋭の機械設備を擁し、高精度の切断寸法精度を実現しながら様々な形状(丸、角、板、パイプ、六角)に対応しております。
私達はこれからも「技術向上」、「原価低減」に取り組み、当社の技術が"お取引様の企業発展"にお役に立てればと考えております。リーマン・ショック、大震災の発生、国際競争力の低下など取り巻く環境は厳しい中ではありますが、前向きに物事を捉え、考え、前進し続けてい行きますので今後とも、より一層のお引き立てとご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役 塚越政美

会社経歴

商号 塚越特殊鋼株式会社
資本金 10,000,000
所在地 埼玉県加須市下樋遣川5700
設立 昭和62年4月(1987年)
主要事業目的
  • 1)特殊鋼、普通鋼の販売
  • 2)二次加工製品の製作加工及び販売
  • 3)工作機械、工具金物類の製作加工及び販売
取引銀行
埼玉りそな銀行
加須支店
足利銀行
加須支店
群馬銀行
鴻巣支店
武蔵野銀行
加須支店
主要設備
アマダ社製 HFA-400CNC型高速帯鋸盤 1台
アマダ社製 CM75-CNC超硬丸鋸盤 2台
アマダ社製 CM100AN-CNC型超硬丸鋸盤 2台
アマダ社製 HFA-530型スーパーバンドソー 1台
アマダ社製 PCSAW-330型高速帯鋸盤 1台
アマダ社製 PCSAW-430型高速帯鋸盤 1台
アマダ社製 CM75-CNC超硬丸鋸盤 1台
日本ホイスト製 4.8トン、天井クレーン 2基
日本ホイスト製 2.8トン、天井クレーン 2基
フォクーリフト 2.0トン、フォークリフト 1台
主要取扱
メーカー
愛知製鋼株式会社
山陽特殊鋼株式会社
三菱製鋼株式会社
JFEスチール株式会社
太平鋼材工業株式会社
株式会社関西金属工業所
城北神鉄株式会社

本社

敷地面積 : 2,717m²

本社工場工場建物 : 1,170m²

本社事務所事務所建物 : 120m²

北篠崎倉庫

敷地面積 : 856m²

北篠崎工場工場建物 : 325.4m²
事務所建物 : 90.6m²


会社沿革

昭和62年4月 1987年 塚越政美が埼玉県加須市東栄1丁目にて資本金600万円で塚越特殊鋼株式会社を設立、営業開始する。
平成7年11月 1995年 資本金1,000万円に増資する。
平成11年3月 1999年 本社工場が手狭になり、加須市北篠崎387-1へ本社工場を移転する。
平成12月11月 2000年 機械のNC化に伴い、CNC400型高速帯鋸盤を導入。
平成14年3月 2002年 量産型CM75-CNC超硬丸鋸盤を導入。
平成15年2月 2003年 量産品受注拡大に伴い、CM100AN-CNC超硬丸鋸盤を導入。
平成16年11月 2004年 ISO 9001:2000を認証取得。
平成16年12月 2004年 太丸切断材受注拡大に伴い、スーパーハンドソーHFA530型帯鋸盤を導入。
平成18年1月 2006年 量産品受注拡大に伴い、CM75-CNC超硬丸鋸盤を導入する。
平成19年4月 2007年 難切削鋼切断用、パルスカッティングハンドソーPCSAW330型を導入。
平成20年3月 2008年 埼玉県子育て応援宣言企業として登録。
平成20年3月 2009年 本社・工場が手狭なため、加須市下樋遣川に本社事務所・物流倉庫を建設、移転する。
平成20年4月 2009年 難切鋼切断用、パルスカッティングハンドソーPCSAW430型を導入。
平成20年11月 2009年 埼玉県知事より「彩の国工場」に指定される。 
平成24年1月 2012年 量産品受注拡大に伴い、CM100AN-CNC超硬丸鋸盤を導入。
平成24年4月 2012年 男女共同参画推進事業所として加須市より表彰される。
平成25年10月 2013年 埼玉県多様な働き方実践企業に認定される。
平成26年4月 2014年 量産品受注拡大に伴い、CM75-CNC(最新型)超硬丸鋸盤を導入する。
平成27年5月 2015年 現在に至る。